主航路工事関連情報


主 航 路 工 事 等 実 施 情 報
 主航路工事、新島2-1区工事の実施予定を「主航路・新島2-1区 工事実施状況図」 として提供します。

 更新は随時ですが、毎日17時半頃に翌日分の情報を提供しています。





土運船

浚渫船
 浚渫船


浚渫船




 








浚 渫 工 事 に 伴 う 運 航 調 整 
大阪港主航路浚渫工事中の運航調整に関わる情報を提供します。

安全運航のお願い
大阪港を入出港する船舶は、可航水域が制限されている大関門付近や南港水路の延長上で主航路と交差する合流部で浚渫工事が行われるときには、次により安全運航をお願いします。

【 1、行き会い防止のための協力要請 】

大関門や合流部を航行する次の船舶同士が作業中の浚渫船付近で行き会う可能性があるときは、おおさかポートラジオから国際VHFで行き会いを防止するための協力を要請します。


行き会い防止を要請する船舶:

大 関 門 を 入 出 港 す る 船 舶

1)大関門を入出港する船舶で、総トン数1万トン以上の船舶と総トン数5百トンを超える船舶とが行き会う場合

南港に入港する 5千トン以上の船舶

2)南港に入港する総トン数5千トン以上の船舶大関門から出港する総トン数5百トンを超える船舶とが行き会う場合










【 2、主航路工事関連に伴う船舶動静情報予定表 】

入港船は港外到着予定時間及び関門通過予定時間、
出港船は離岸予定時間に関する情報です。
・ 工事内容により表示方法が変更されます。
 夢洲コンテナバースへの入出港船の情報を黄色で表示しています。
・ 更新時間は15分毎です。
・ 前日の17時頃からは翌日分の情報も提供します。









【 3、並列・追い越し航行防止のための協力要請 】

並 列 ・ 追 い 越 し 航 行 の 防 止

 浚渫船団付近で並列航行・追い越し航行の態勢となったときは、おおさかポートラジオからそのような航行を防止するための協力を要請します。

【 4、港内の交通整理のお願い 】

 主航路航行船舶の交通整理のため、大阪港に入出港する総トン数5百トンを超える船舶は、大阪灯標(整流ブイ)を左に見て航行してください。また、入港船は大阪灯標を通過後、特に安全な航行をしてください。

【 5、おおさかポートラジオからの情報提供 】

 浚渫船団付近での行き会い・追い越し・並列航行の防止のため、おおさかポートラジオから他船の動静情報や浚渫船団の工事情報を提供しますので、国際VHF16chを聴守してください。

【 6、大阪港主航路浚渫工事中の運航調整マニュアル 】

 大阪港主航路の大関門と合流部においては、従来から運航調整が行われていますが、このたび、これに加えて浚渫工事に伴う運航調整が行われることになり、関係の皆様にご協力をいただくよう、「大阪港主航路浚渫工事中の運航調整マニュアル」「大阪港入出港マニュアル」の別冊として取りまとめられたので、お知らせします。

 このマニュアルはお知らせリーフレット等ダウンロード専用ページからPDFファイル形式で入手できますので、船舶に備えおいてご利用ください。

 








作 業 船 位 置 情 報
 主航路工事、新島2-1区工事の工事作業従事中、夜間停泊、退避等の状態における作業船の現在位置(場所)を  「主航路・新島2-1区 工事作業船位置情報図」として提供します。
 なお、作業区域からの一時的な離脱で、短時間(1時間程度)で復帰するときは、位置情報を更新しないことがあります。

 更新は随時です。
 





 








作 業 船 の 運 航 情 報
新島2-1区工事に伴う作業船の運航に関する情報を「新島2-1区工事作業船入出域予定表」として、
夢洲C12岸壁延伸工事に伴う作業船の運航に関する情報を「夢洲C12岸壁延伸工事作業船入出域予定表」として提供します。

 更新は随時ですが、毎日17時半頃に、翌日分の情報を提供しています。
 




  《新島工事 作業船情報》
  《夢洲工事 作業船情報》


 浚渫船と土運船の動静情報について、大阪湾運航サポート協議会のホームページでも提供しています。


 








運 航 調 整 に 関 わ る 協 力 の お 願 い

 浚渫工事中の運航調整については、「大阪港主航路浚渫工事中の運航調整マニュアル」に記載されています。
 「大阪港主航路浚渫工事中の運航調整マニュアル」は、日本語版、英語版、中国語版、韓国語版がありますので、
 ご利用下さい。 お知らせリーフレット等ダウンロード からPDFファイル形式で入手できます。






 








主 航 路 整 備 計 画 の 概 要
 大阪港の主航路は、港湾管理者である大阪市により平成8年度の大阪港港湾計画[改訂]において新島の建設と共に計画されました。 施工計画は、先ず暫定主航路を整備し、次いで新島護岸完成後に主航路を完成することとして、 平成16年度を目標に整備が進められましたが、暫定主航路が平成13年度に供用開始された以降、延期されていました。 その後、阪神港が平成22年8月に、国策として国際コンテナ戦略港湾に指定され、国の直轄により再開されることになりました。

 主航路の整備計画は、三段階に分けて実施され、最終的には航路幅員560m、水深16mに整備されます。
 第一段階は、幅員400m、水深15mに整備し、第二段階は、水深15mで幅員を560mまで広げ、第三段階は、幅員560m、水深16mとするものです。
 第一段階は、平成23年度と24年度で実施され、第二段階は、平成25年度から実施されています。



 









お知らせリーフレット等 ダウンロード

主航路工事、新島2-1区工事に関連する各種書類をダウンロードしていただけます。
上記以外の各種書類は、ダウンロード専用ページ からPDFファイル形式で入手できます。















PDFファイルをご覧になるためには Acrobat Reader が必要となります。また、雑誌の付属CD−ROM等にも掲載されています。Acrobat Readerダウンロードページ
 


大阪港航行安全情報センター
〒559-0034 大阪市住之江区南港北1丁目14-16 大阪府咲洲庁舎 44F
TEL:06-6612-4363 FAX:06-6612-4366